読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抱っこ紐

我が家には抱っこ紐が3つあります。

1番最初は、ベビービョルンoneを購入しました。

2番目に、夜なかなか寝てくれない子だったので、ボバラップを購入しました。

3番目に周りの人はエルゴばかりだったので、どんなに良いものなのかと好奇心からエルゴオリジナルを購入しました。

最近は、以前よりエルゴ率が低くなってきているような気がします。とはいえ、まだまだエルゴ率は高いです。

 

ベビービョルンoneエルゴオリジナルのメリットとデメリットを紹介します。

 

 

ベビービョルン one

ベビービョルン【日本正規品保証付】 ベビーキャリア ONE? Air ブラック 093125

ベビービョルン【日本正規品保証付】 ベビーキャリア ONE? Air ブラック 093125

 

メリット

  • 生後1ヶ月から使える
  • 上からアウターを着てもゴワゴワしない。
  • おんぶが簡単。

デメリット

  • プラスチックの留め具に赤ちゃんが当たりそう。
  • 使わない時かさばる。
  • 赤ちゃんが厚着すると赤ちゃんの肩ベルトがはまりにくい。
  • 赤ちゃんが寝た時、上を向いてしまうことがある。

 

エルゴベビー オリジナル

 メリット

  •  ポケットが便利。
  • 頭のカバーが便利。

デメリット

  • リュック、アウターを身につける時、順番を考えないといけない。
  • アジャスターの位置、大きさが小さく、肩紐の長さが調節しにくい。
  • 腰ベルトの紐が長すぎる。紐をまとめるゴムが取れる場合がある。

 

新生児から使うなら

ベビービョルンoneです。

エルゴベビーからは新生児から使えるアダプトというタイプもでていますが、オリジナルは、インサートを使用しないと新生児は抱っこできません。

 

リュックを使うなら

ベビービョルンoneです。

エルゴのオリジナルは、リュックを先に背負ってから抱っこ紐を装着すると、先に赤ちゃんを下ろしてからでないと、リュックを下ろすことができません。

逆に抱っこ紐を装着してからリュックを背負うと、今度は赤ちゃんを下ろすことができなくなります。

ベビービョルンoneは抱っこ紐装着後、リュックを背負えば、リュックでも赤ちゃんでもどちらからでも下ろすことが可能です。

 

おんぶをするなら

ベビービョルンoneです。

oneは赤ちゃんの肩にかけるベルトがあるので、落下することはまずありません。

oneの場合、抱っこの状態からおんぶするのですが、クルッと簡単にできます。

エルゴは赤ちゃんの肩にかけるベルトがないので、落下しないように慎重におんぶをしないといけません。

 

前向き抱っこするなら

ベビービョルンoneです。

オリジナルはできませんが、oneは前向き抱っこができます。

エルゴから360という前向き抱っこも可能なタイプが出ています。

 

夏なら

どちらかというとベビービョルンoneでしょうか。

エルゴは赤ちゃんと密着するので、暑くなります。

oneは赤ちゃんとの間にメッシュの生地がありますが、それでも暑いです。

 

冬なら

エルゴオリジナルです。

密着するので、赤ちゃんの体温でぬくぬくです。

 

持ち運ぶなら

エルゴオリジナルです。

oneは本体部分が厚いので折りたたんでもかさばりますが、オリジナルは本体部分は薄い布なので、さほどかさばりません。

 

それぞれにメリット、デメリットがあります。

ベビービョルンoneを購入した当初は、発売したばかりで1種類しかありませんでしたが、今はベビービョルンもエルゴベビーも種類が豊富なので、ライフスタイルに合ったものを選ぶのが良いですね。

 

 

番外編

ボバ ボバラップ

BOBA Wrap Navy Blue

BOBA Wrap Navy Blue

 

 

メリット

  • 時間制限が無く、一日中抱っこできる。
  •  ただの布なので、どんな体型でもフィットする。
  • 妊娠の時のような感覚で、肩や腰の負担が少ない。

デメリット

  • 慣れるまで装着に時間がかかる。
  • 本体がかなり長く地面に付くので、外出先で装着するのは難しい。
  • 装着した状態では、授乳がしにくい。(授乳服であれば可能)

 母乳で育てている人は、家で使う分には良いと思います。

外す必要がない場合は、服を着ている感覚なので持ち運びが楽です。

 

 

0歳児にオススメ絵本

0歳でも生後半年も経つと、絵本の読み聞かせの時に笑うことがあります。

年齢が低い時期は、内容よりも声色に反応するので、読み方が大事になってきます。

そんな小さい子にオススメの絵本を紹介します。

 

  1. じゃあじゃじゃびりびり  
  2. だるまさんが
  3. ぴょーん
  4. いないいないばあ

 

じゃあじゃあびりびり 

色合いが派手で、赤ちゃんの目を引きます。

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

 

 

だるまさんが 

だるまさんシリーズで「だるまさんの」と「だるまさんと」がありますが、0歳児の我が子は「だるまさんが」が一番笑ってくれます。

だるまさんが

だるまさんが

 

 

ぴょーん

色々な動物がぴょーんと跳ねます。

「ぴょーん」を読むときの声を少し高くすると笑います。

ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))

ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))

 

 

 

いないいないばあ

王道の絵本ですね。

くまさん、ねこさん、きつねさん、ねずみさんがいないいないばあをしてくれます。

上の子が小さい時は何度も読んであげました。

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

 

 

 

おむつ替えの時の寝返り対策

赤ちゃんが寝返りするようになると、おむつ替えの時も赤ちゃんがローリングして、思うように交換できなくて大変ですよね。

そんな場合にとっておきの方法を2つご紹介します。

 

 

1つ目の方法は、とても簡単です。

赤ちゃんにおしりふきを持たせる!です。

え?これだけ?と思う方も一度試して下さい。

赤ちゃんの動きがピタッと止まります。

その瞬間を狙って、ササっと交換しましょう。

この方法の効果は個人差があると思いますが、簡単なので試してみてはどうでしょう。

おもちゃでも良いかもしれませんが、おむつ替えの時にそばにあるおしりふきを活用しましょう。

 

2つ目の方法は…

パンツタイプに変える!です。

おむつ替えが困難になってきたタイミングで、パンツに変えてしまいましょう。

足腰が強くなってきた赤ちゃんには、テープタイプよりパンツタイプの方がおむつ替えしやすいです。

 

どちらの方法も簡単なので、おむつ替えに苦戦しているパパさん、ママさん試して下さいね。

 

忙しいママに離乳食の便利な道具

ベビーレッドウィーニング (BLW)という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

ベビーレッドウィーニングとは

イギリス発祥の離乳食の方法です。

すり潰す必要はなく、食べやすい大きさで与え、赤ちゃんが自発的に食べる方法です。

テーブルの上に素材だけを置き、食べることに集中させます。

離乳食の用意が楽になる以外にも、偏食が少なくなるというメリットもあるみたいです。

注意しておかなければいけないのが、誤嚥の可能性があるので万が一の時の対処方法は事前に知っておく必要があります。

誤嚥で窒息死というのも最近よく聞くので、kidsmeのモグフィプラスというものを購入しました。

 

モグフィの使い方

f:id:yry-haga:20161207120619j:imageおしゃぶりのような形で、サックの中に時期に合わせて柔らかくした食べ物を入れます。

赤ちゃんはそれを自分で持って食べます。

サックには小さい穴が開いていて、噛むたびに少しずつ食べ物が出てくるという仕組みになっています。

食べさせるためのスプーンやお皿などは使いません。

プラスは生後6ヶ月から使えます。

スタンダードの方は4ヶ月から使えます。

 

使った感想

離乳食をスプーンで与えようとするとスプーンをつかんでしまい、なかなか食べてくれないこともありますよね。

赤ちゃんのペースに合わせて口に運んであげなくてはいけません。

うちのベビーもスプーンだとなかなか食べてくれませんでしたが、モグフィだとすごく食べてくれました。

 

BLWに興味がある方はもちろん、離乳食でなかなか食べてくれないという方もぜひモグフィ試してみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

ハピタス 友達紹介 キャンペーン

 

12月13日までハピタスで紹介キャンペーンをやっています。

500ポイントもらえるので、登録がまだの方は是非登録してくださいね。

下の記事から登録できます。

 

mamamile.hatenablog.com

 

登録してから7日以内にサービスを利用しないと500ポイントもらえないので注意してくださいね。

2人目育児で必要なもの

2人目が生まれてから、新たに購入したものを紹介します。

 

1.ベビーベッド

f:id:yry-haga:20161130160640j:image

1人目の時は買わなかったのですが、2人目の時は必要になります。

上の子との住み分けのためです。

上の子は言い聞かせても 、なかなか難しい年頃です。下の子におもちゃを取られそうになると体を張ってガードしますが、たまに踏み潰したり、ひっくり返したりしてしまいます。

上の子がいる場合は、小さいおもちゃが床に転がったりしていますよね。

そこで活躍するのがベビーベッドです。

月齢が高くなるにつれて、ベビーベッドを嫌がりますが、少しの間なら目を離しても安心です。

 

床には菌が溜まりやすいみたいで、床で寝る子はベビーベッドで寝る子より病気になりやすいようです。

オムツ替えもベビーベッドの方が楽ですよね。

 

2.新生児から使える抱っこ紐

 f:id:yry-haga:20161202101557j:image

保育園の送り迎えの時に必要不可欠です。

両手が空くので、準備する時に楽です。

お座りできるようになれば、抱っこ紐は無くても準備できるようになりますね。

 

3.お風呂チェア

 f:id:yry-haga:20161202132751j:image

 上の子と下の子とママの3人で入る場合は必要になります。

一人ずつお風呂に入れる場合は無くても良いと思いますが、お風呂チェアがあれば時間短縮になります。

首が座っていない時期から座れるものは、長期間使えるので便利です。

 

 

以上オススメしたいベビー用品でした。

これから2人目を出産される方は参考にしてみて下さい。

 

 

ドデカパン

ドデカパン作りました。

 f:id:yry-haga:20161128172614j:image

写真は実際に作った時のものです。

 

ドデカパンとは

ドデカパンとは超簡単に作れるパンです。

  • 生地作りはスプーンで混ぜるだけ。
  • 寝る前に冷蔵庫で発酵させるだけ。
  • 朝に焼くだけ。
  • 洗い物が少ない。

 と良いことづくしです。

 

材料

材料はこの4つだけです。

 

作り方

材料を全てタッパーに入れて、水を加えてスプーンで混ぜます。

あとはタッパにフタをして、冷蔵庫に入れます。

次の日に強力粉を振り撒いてクッキングシートの上に乗せ、3つに折ってオーブントースターで15分焼きます。

 

味は…?

上の3歳の子はシンプルなパンが大好き。

試しにあげてみると美味しいと言って食べていました。

味もシンプルなパンなので、色々アレンジすることもできます。

手作りだと安心して、子供や赤ちゃんに食べさせられますよね。